太陽光発電の仕組みを理解することがとても大事

パワーコンディショナーを利用する

太陽光発電では、基本的に太陽光発電にはソーラーパネルとパワーコンディショナーが必要になります。ソーラーパネルは多くの人が目にしたことがある通り屋根についている銀色のものになります。そこから太陽光を取り入れることができ、最終的には自分の家の電気や電力会社に売る電気として利用します。
ですが、ソーラーパネルだけでは家庭用電気にすることはできません。家庭で発電した電気として使うためには交流電気に変換しなければなりません。簡単に言えば、太陽光を家庭用電気として使える電気にする媒体がパワーコンディショナーになります。パワーコンディショナーでつくられた電気は家の中の線を通り使える電気として使われるようになります。また、電力会社に売却する時もパワーコンディショナーで一旦交流にしなければなりません。

パワーコンディショナーの中身の違い

パワーコンディショナーを利用する場合には、最大定格出力と変換効率を理解しておく必要があります。最大定格効率とは、パワーコンディショナーが作る電気を意味しています。例えば、太陽光パネルの方で電気を作り出した場合、パワーコンディショナーの性能が良ければかなり高い確率で家庭内で使える電気に変えることができます。逆にパワーコンディショナーの性能が悪ければ、あまり家庭で利用できる電気に変換することができません。結果的に変換できなかった電気は無駄になってしまうでしょう。
一方で、変換効率はどれだけ直流から交流に変化させることができたかを示す率です。通常は、直流を交流に変化させる時に無駄が出ます。変換効率が高ければ上手に使える電気を作り出すことが可能です。

太陽光発電の価格は年々技術の進歩に沿って安くなってきています。1kwあたり50万円前後のものが現在では相場となっており、導入する際の目安になります。売電することによって10年前後で元が取れます。