プライバシーを守ろう!個人情報を知られない方法3選

スマートフォンの画面ロック機能を使う

スマートフォンには電話番号やメールアドレス、画像などの個人情報が詰まっています。人によってはビジネスで扱うデータを保存している人もいるでしょう。そのような情報はなるべく他人には見られたくないものですよね。他人にスマートフォンの中身を見られないようにする対策として画面ロック機能というものが搭載されています。画面ロック機能をオンにして暗証番号を設定すれば自分以外の人に利用される心配がなくなります。暗証番号以外にもスワイプと呼ばれる機能もあります。スワイプであれば設定通りになぞるだけなので簡単です。

データをロックできるアプリを使おう

スマートフォンに搭載されている画面ロック機能だけでは不安を解消しきれないという人はデータをロックできるアプリをインストールしてみましょう。見られたくない画像や情報を漏洩してはいけないデータをロック機能が付いている保存系アプリに入れておきます。そうすることで他人にデータを覗かれる心配がなくなるでしょう。ロックを解除されているような形跡があればアプリをアンインストールしてしまえば証拠を消してしまえるという点もメリットの1つです。

ダミーアプリを使ってみよう

アプリにはダミーとして利用できるものがあります。例えばホーム画面に表示されているアイコンが電卓になっていて、アプリを開いた後に数字を入力すれば暗証番号を認識して保存したデータを見ることができるというものがダミーアプリです。このような一見普通のアプリに見えるようなものであれば怪しさを感じさせないので、他人にアプリを開かれるケースが少なくなります。仮に開かれても暗証番号を解読されなければデータを見られないというメリットもあるでしょう。

機密文書とは、企業に関する外部に漏らしてはいけない秘密保持を絶対とする文章の事です。文章が漏えいした場合、企業にとって甚大な利益損害が生じるだけでなく、その関係企業にまでその影響が及ぶことがあります。