M&Aはお金だけが目的ではない

M&Aは上手く利用すれば、会社を強くすることもできるのです。販売部門が弱い会社が販売実績のある会社をM&Aで吸収すると、販売部門が強化された会社が出来上がります。協業が可能な分野の会社が経営統合することで、より強力な会社が出来上がるのです。M&Aはその意味においては会社を強くする手段になります。株式譲渡でM&Aが成立すれば社内の混乱は少なくて済みますので、新しいビジネス展開を早い段階から始めることができるでしょう。専門性の高い会社は売り上げが上がらないことも多くあるので、その分野で好調な会社にM&Aで買収されると安定した経営になることもあります。M&Aはお互いの会社に必要なことを補い合うという面もあるのです。

経営不振でも実績のある会社は立ち直れる

M&Aの良い所は実績のある会社が条件次第でもう一度チャンスをもらえるところです。新しい株主が同意をすれば実績のある分野で勝負することができます。そもそも買収するくらい魅力的な会社ですから、立ち直らせることができると計算してM&Aしていることも考えられるでしょう。資金が足りなかったから失敗したという企業であれば、M&A後に大きく業績を伸ばす会社も少なくありません。ほとんどの場合、M&Aで変わるのは経営陣なので、経営方針が新しくなることもあります。その経営方針と実績が上手くマッチしたら、業績をV字回復することも夢ではないでしょう。M&Aを活用すれば、業績不振だった会社が立ち直ることもあるのです。

M&Aは、企業の合併と買収を表す用語で、複数の会社が一つになったり、別の会社を買ったりすることをいいます。

確定申告は忘れずに実施しましょう

確定申告は納めるべき税金と還付される税金の申し込みをする手続きを意味しています。自営業や会社を経営している場合は実施する必要がある他、会社員も他に収入がある場合や様々な控除を受けたい場合には確定申告を行いましょう。収入に関する確定申告を忘れてしまうと、納税していないことになるので避けたり、面倒なので後回しに考えたりしてしまうと、後悔する状況になる可能性があります。確定申告にはいくつかのやり方があり、その1つとなっている白色申告は楽な点が魅力的です。白色申告を行うために事前の届け出は不要なので、手続きは申し込みに利用する書類を作成したり、税金を納付する場合はその準備をしたりなど難しいことは一切ないです。

白色申告が向いているタイプ

確定申告には青色と白色があり、白色が向いているタイプは、まず規模の小さい商売を行っている人です。たとえば、自分で商売を始めてから間もない時期や売上が少ない時期から青色という選択肢もありますが、青色の場合は開業している届け出をしなければなりません。スタートさせた商売が上手くいくかどうかわからない段階で開業届を出すよりは、まずは商売を軌道に乗せることに時間を割く方が大事です。そして、これから続けていけそうな見込みが立った際には、白色から青色に切り替えることをおすすめします。また、白色申告は面倒なことが苦手なタイプにも向いています。青色申告は控除額が大きくなるメリットがあるため、開業届を出す手間がありますが、白色申告は売上や経費などを帳簿付けしたデータを基に、提出する書類を作成するだけです。

個人事業を開業して、税務署へ青色申告承認申請書の申請をしなければ、白色申告の扱いになります。記帳方法は単式簿記で、確定申告で提出する書類の量が少なく済むなどのメリットがあります。

社員研修の目的は何か

社員研修を定期的に行っている企業は多いものの、その目的を見失っていつの間にかやらなければならないものとして研修を実施していることも少なくありません。ただ社員研修は恒例行事としてやれば良いものではなく、明確な目的意識を持って実施することが必須です。費用も時間もかかっているので、研修によって何らかのメリットを生み出せなければなりません。できるだけ具体的に目標を提起しなおしてみると、何をするのが最も必要なのかが明確になります。その目標の一つとしてエンゲージメントを上げるのを目指すのは合理的です。

エンゲージメントを上げるメリット

社員研修によってエンゲージメントを上げるメリットは、企業として目指すべき方向に向かって社員が自主的に努力をしてくれるようになることです。エンゲージメントが高い状態とは社員が自分の考え方として進みたい方向が企業として成長したい方向に一致している状態を意味します。企業から要求された仕事に従事することによって社員が自分の目標も達成していけるようになっている状況と言い換えることも可能です。この状況を作り出すためには社員の考え方を企業の方針に合致させなければなりません。そのテコ入れをするのに社員研修を活用するというスタンスで設計を行うと、社員が常に企業のために働いてくれる形ができあがります。多少の苦労があってもストレスにめげることなく働いてくれる社員が増えてあらゆる事業が円滑に進むようになっていくと期待できる魅力的な目標です。

社員研修は入社した時に行われます。その会社の基礎となることや規則などを習うので最も重要と言えます。研修さえ終われば、後はその研修に則って業務をこなしていきます。

起業は始める前から勝負が始まっている

起業すると決めてから、実際に起業するまでには期間があります。その期間にしっかり準備をしておくと売上が上がりやすくなるのです。準備というのは始めた時にすぐに売上につながるものも含みます。潜在顧客を回って、起業後の売上にすぐになるものを確認しておくのです。売上が上がらなさそうな場合は上がりそうな商品に変えるとか、顧客を変えるなどの方策を施しておくといいでしょう。予測の時点で売れないのであれば、起業後も売れない可能性があります。まず必要なのは売れる商品です。起業後は資金が多くないのですから、毎月しっかり売り上げを上げる必要があります。売り上げを第一に考えて商品を選ぶといいでしょう。そのためには起業前のリサーチが重要なのです。

軌道に乗せるために必要なのは売れ続けること

起業した後に商売を軌道に乗せるには、売り上げを継続的に上げ続けることが大事です。継続的に売れている商品であっても、売れない時が来ます。そのために複数の商品を売れる商品に育てておく必要があるのです。あまりに偏った売り上げ構成比となっている場合は、是正する必要があります。起業したあとはリスクをとっても、偏らない売り上げを作るようにした方が良いです。一つの商品に頼っていると、それが売れなくなることで経営を揺るがす打撃になる可能性があるからです。商品探しは起業前も起業後も続けるといいでしょう。ヒット商品はそこらへんに転がっているわけではなく、自分で見つける必要があるのです。数多く見つけることができれば、軌道に乗せるのは難しくないでしょう。

フランチャイズとは本部が効率的に店舗を拡大するための経営戦略の1つです。本部が広告宣伝・店舗構築・接客マニュアル等を加盟店に教え、経営させます。本部はノウハウを提供し、ロイヤリティを受ける仕組みです。