楽な確定申告の手段として魅力的な白色申告

確定申告は忘れずに実施しましょう

確定申告は納めるべき税金と還付される税金の申し込みをする手続きを意味しています。自営業や会社を経営している場合は実施する必要がある他、会社員も他に収入がある場合や様々な控除を受けたい場合には確定申告を行いましょう。収入に関する確定申告を忘れてしまうと、納税していないことになるので避けたり、面倒なので後回しに考えたりしてしまうと、後悔する状況になる可能性があります。確定申告にはいくつかのやり方があり、その1つとなっている白色申告は楽な点が魅力的です。白色申告を行うために事前の届け出は不要なので、手続きは申し込みに利用する書類を作成したり、税金を納付する場合はその準備をしたりなど難しいことは一切ないです。

白色申告が向いているタイプ

確定申告には青色と白色があり、白色が向いているタイプは、まず規模の小さい商売を行っている人です。たとえば、自分で商売を始めてから間もない時期や売上が少ない時期から青色という選択肢もありますが、青色の場合は開業している届け出をしなければなりません。スタートさせた商売が上手くいくかどうかわからない段階で開業届を出すよりは、まずは商売を軌道に乗せることに時間を割く方が大事です。そして、これから続けていけそうな見込みが立った際には、白色から青色に切り替えることをおすすめします。また、白色申告は面倒なことが苦手なタイプにも向いています。青色申告は控除額が大きくなるメリットがあるため、開業届を出す手間がありますが、白色申告は売上や経費などを帳簿付けしたデータを基に、提出する書類を作成するだけです。

個人事業を開業して、税務署へ青色申告承認申請書の申請をしなければ、白色申告の扱いになります。記帳方法は単式簿記で、確定申告で提出する書類の量が少なく済むなどのメリットがあります。