M&Aは会社のため!会社が強くなるM&Aもある!

M&Aはお金だけが目的ではない

M&Aは上手く利用すれば、会社を強くすることもできるのです。販売部門が弱い会社が販売実績のある会社をM&Aで吸収すると、販売部門が強化された会社が出来上がります。協業が可能な分野の会社が経営統合することで、より強力な会社が出来上がるのです。M&Aはその意味においては会社を強くする手段になります。株式譲渡でM&Aが成立すれば社内の混乱は少なくて済みますので、新しいビジネス展開を早い段階から始めることができるでしょう。専門性の高い会社は売り上げが上がらないことも多くあるので、その分野で好調な会社にM&Aで買収されると安定した経営になることもあります。M&Aはお互いの会社に必要なことを補い合うという面もあるのです。

経営不振でも実績のある会社は立ち直れる

M&Aの良い所は実績のある会社が条件次第でもう一度チャンスをもらえるところです。新しい株主が同意をすれば実績のある分野で勝負することができます。そもそも買収するくらい魅力的な会社ですから、立ち直らせることができると計算してM&Aしていることも考えられるでしょう。資金が足りなかったから失敗したという企業であれば、M&A後に大きく業績を伸ばす会社も少なくありません。ほとんどの場合、M&Aで変わるのは経営陣なので、経営方針が新しくなることもあります。その経営方針と実績が上手くマッチしたら、業績をV字回復することも夢ではないでしょう。M&Aを活用すれば、業績不振だった会社が立ち直ることもあるのです。

M&Aは、企業の合併と買収を表す用語で、複数の会社が一つになったり、別の会社を買ったりすることをいいます。