営業担当を一人前に育てるのは大変

社内にしっかりとした人材教育ができる人がいる場合は、その人に新人の教育を任せるのも良いでしょう。しかし、人材を育てることができる人がいない、もしくは教育に時間をかけている余裕がないという企業は少なくありません。人材教育に時間やコストをかける余裕がないのであれば、無理に育てようとするのではなく営業代行の活用を考えてみることがおすすめです。

営業もアウトソーシングの時代

営業代行の特徴は、スキルを持ったスタッフのみを派遣して貰うのではなく、営業に関する全ての業務を委託するという形になることです。人員不足を補うためにスタッフのみを派遣して貰った場合、既存のスタッフと上手く仕事ができるかどうかによって、成果の出方が大きく変わってきます。営業代行の場合は、しっかりとした営業ノウハウを持ったスタッフが一丸となって目標達成を目指すため、新規契約を増やすなどしっかりとした結果を出しやすいというメリットがあります。

営業代行の料金システム

営業代行の料金システムは毎月一定の金額を支払う定額型と、成果に応じて報酬を支払う成果報酬型の2種類が一般的です。中でも、増えてきているのが成果報酬型です。定額型の場合は、新規契約が取れないなど結果が出ない場合であっても、毎月決まった金額を支払う必要があり結果によっては損をしてしまう可能性があります。それに対して、成果が出なければ報酬が発生しない成果報酬型であれば損をしてしまうということはありません。営業代行を利用する時には、費用についてもしっかりと考えておくことが大切です。

営業代行な便利なサービスとして利用が出来ます。営業職が足りない場合には、長期的に人材を派遣してもらえます。