社内SNSを知っていますか?

現代社会では、特定のユーザーが参加してコミュニケーションを図るいわゆるSNS(ソーシャルネットワークサービス)が広く利用されています。
近年、企業でも独自にこうしたソーシャルコミュニケーションのツールを導入しようという動きが見られ、それが社内SNSといわれるものです。
社内SNSは、当初、社員間の交流を図るために用いられたことが多かったようです。働き続ける上で大切なのは、仕事と職場環境であり、円滑なコミュニ―ケーションが必要とされたからです。
また、そうした企業内のコミュニケーション手段の活性化だけでなく、年次や部門を越えた情報共有、トレンド情報をより早くキャッチしたりといったメリットもあるのが社内SNSです。

社内SNSのこれからの方向性は?

実際の社内SNSの成功例を見ると大事なのは、何のために用いるのかといった導入目的の明確化することだといわれます。また、最近の傾向としては、単なる社内交流のためにとどまりません。社内SNSをより積極的にメールや会議に替えて使うことで、時間の削減などの効果がもたらされ、企業のワークスタイル自体の変化をも促す方向へと移ってきています。
更に、顧客のニーズなどの声を吸い上げて仕事に活かすことや、退職者など対象を広げてより有益な情報を共有できるようにするなどの工夫もされています。
社内SNSを確実に成功させるための方法としては、まず部署内から始めるなど少しずつ、段階的に広げていくことなども挙げられます。いずれにしても、より時代の流れに合ったフレキシブルな企業のソーシャルツールとしての活用が期待されているといえるでしょう。

社内SNSを使う会社が増えてきています。職場のコミュニケーション活性化や、業務の迅速化など多くの効果が期待できます。

M&Aはお金だけが目的ではない

M&Aは上手く利用すれば、会社を強くすることもできるのです。販売部門が弱い会社が販売実績のある会社をM&Aで吸収すると、販売部門が強化された会社が出来上がります。協業が可能な分野の会社が経営統合することで、より強力な会社が出来上がるのです。M&Aはその意味においては会社を強くする手段になります。株式譲渡でM&Aが成立すれば社内の混乱は少なくて済みますので、新しいビジネス展開を早い段階から始めることができるでしょう。専門性の高い会社は売り上げが上がらないことも多くあるので、その分野で好調な会社にM&Aで買収されると安定した経営になることもあります。M&Aはお互いの会社に必要なことを補い合うという面もあるのです。

経営不振でも実績のある会社は立ち直れる

M&Aの良い所は実績のある会社が条件次第でもう一度チャンスをもらえるところです。新しい株主が同意をすれば実績のある分野で勝負することができます。そもそも買収するくらい魅力的な会社ですから、立ち直らせることができると計算してM&Aしていることも考えられるでしょう。資金が足りなかったから失敗したという企業であれば、M&A後に大きく業績を伸ばす会社も少なくありません。ほとんどの場合、M&Aで変わるのは経営陣なので、経営方針が新しくなることもあります。その経営方針と実績が上手くマッチしたら、業績をV字回復することも夢ではないでしょう。M&Aを活用すれば、業績不振だった会社が立ち直ることもあるのです。

M&Aは、企業の合併と買収を表す用語で、複数の会社が一つになったり、別の会社を買ったりすることをいいます。

確定申告は忘れずに実施しましょう

確定申告は納めるべき税金と還付される税金の申し込みをする手続きを意味しています。自営業や会社を経営している場合は実施する必要がある他、会社員も他に収入がある場合や様々な控除を受けたい場合には確定申告を行いましょう。収入に関する確定申告を忘れてしまうと、納税していないことになるので避けたり、面倒なので後回しに考えたりしてしまうと、後悔する状況になる可能性があります。確定申告にはいくつかのやり方があり、その1つとなっている白色申告は楽な点が魅力的です。白色申告を行うために事前の届け出は不要なので、手続きは申し込みに利用する書類を作成したり、税金を納付する場合はその準備をしたりなど難しいことは一切ないです。

白色申告が向いているタイプ

確定申告には青色と白色があり、白色が向いているタイプは、まず規模の小さい商売を行っている人です。たとえば、自分で商売を始めてから間もない時期や売上が少ない時期から青色という選択肢もありますが、青色の場合は開業している届け出をしなければなりません。スタートさせた商売が上手くいくかどうかわからない段階で開業届を出すよりは、まずは商売を軌道に乗せることに時間を割く方が大事です。そして、これから続けていけそうな見込みが立った際には、白色から青色に切り替えることをおすすめします。また、白色申告は面倒なことが苦手なタイプにも向いています。青色申告は控除額が大きくなるメリットがあるため、開業届を出す手間がありますが、白色申告は売上や経費などを帳簿付けしたデータを基に、提出する書類を作成するだけです。

個人事業を開業して、税務署へ青色申告承認申請書の申請をしなければ、白色申告の扱いになります。記帳方法は単式簿記で、確定申告で提出する書類の量が少なく済むなどのメリットがあります。

社員研修の目的は何か

社員研修を定期的に行っている企業は多いものの、その目的を見失っていつの間にかやらなければならないものとして研修を実施していることも少なくありません。ただ社員研修は恒例行事としてやれば良いものではなく、明確な目的意識を持って実施することが必須です。費用も時間もかかっているので、研修によって何らかのメリットを生み出せなければなりません。できるだけ具体的に目標を提起しなおしてみると、何をするのが最も必要なのかが明確になります。その目標の一つとしてエンゲージメントを上げるのを目指すのは合理的です。

エンゲージメントを上げるメリット

社員研修によってエンゲージメントを上げるメリットは、企業として目指すべき方向に向かって社員が自主的に努力をしてくれるようになることです。エンゲージメントが高い状態とは社員が自分の考え方として進みたい方向が企業として成長したい方向に一致している状態を意味します。企業から要求された仕事に従事することによって社員が自分の目標も達成していけるようになっている状況と言い換えることも可能です。この状況を作り出すためには社員の考え方を企業の方針に合致させなければなりません。そのテコ入れをするのに社員研修を活用するというスタンスで設計を行うと、社員が常に企業のために働いてくれる形ができあがります。多少の苦労があってもストレスにめげることなく働いてくれる社員が増えてあらゆる事業が円滑に進むようになっていくと期待できる魅力的な目標です。

社員研修は入社した時に行われます。その会社の基礎となることや規則などを習うので最も重要と言えます。研修さえ終われば、後はその研修に則って業務をこなしていきます。

起業は始める前から勝負が始まっている

起業すると決めてから、実際に起業するまでには期間があります。その期間にしっかり準備をしておくと売上が上がりやすくなるのです。準備というのは始めた時にすぐに売上につながるものも含みます。潜在顧客を回って、起業後の売上にすぐになるものを確認しておくのです。売上が上がらなさそうな場合は上がりそうな商品に変えるとか、顧客を変えるなどの方策を施しておくといいでしょう。予測の時点で売れないのであれば、起業後も売れない可能性があります。まず必要なのは売れる商品です。起業後は資金が多くないのですから、毎月しっかり売り上げを上げる必要があります。売り上げを第一に考えて商品を選ぶといいでしょう。そのためには起業前のリサーチが重要なのです。

軌道に乗せるために必要なのは売れ続けること

起業した後に商売を軌道に乗せるには、売り上げを継続的に上げ続けることが大事です。継続的に売れている商品であっても、売れない時が来ます。そのために複数の商品を売れる商品に育てておく必要があるのです。あまりに偏った売り上げ構成比となっている場合は、是正する必要があります。起業したあとはリスクをとっても、偏らない売り上げを作るようにした方が良いです。一つの商品に頼っていると、それが売れなくなることで経営を揺るがす打撃になる可能性があるからです。商品探しは起業前も起業後も続けるといいでしょう。ヒット商品はそこらへんに転がっているわけではなく、自分で見つける必要があるのです。数多く見つけることができれば、軌道に乗せるのは難しくないでしょう。

フランチャイズとは本部が効率的に店舗を拡大するための経営戦略の1つです。本部が広告宣伝・店舗構築・接客マニュアル等を加盟店に教え、経営させます。本部はノウハウを提供し、ロイヤリティを受ける仕組みです。

外の会社に研修を依頼する意味

会社の売り上げを伸ばす時には、社員がしっかりと仕事をしてくれることが重要ですが、モチベーションが上がらなければ全体の士気も落ちてしまいます。社長が叱り社員にはっぱをかけたところで一時的にはやる気が出てきます。ですが、そんな気持もそれほど長持ちはしないでしょう。なぜなら、社長の顔色をうかがうためにやっていることが多いからです。
ですが、本格的に売り上げを伸ばしたければ、それ以外の方法で社員のモチベーションを高め、結果を出すようにするしかありません。その一つが社員研修です。
社員研修は、自分の会社の先輩社員が行うこともできますが、それ以外にも研修会社に頼んで研修をしてもらう方法があります。研修会社に頼むことによってお金はかかりますが、社員全体のモチベーションを上げることにつながりますので、必要な投資と考えられるでしょう。

企画力がある会社を選ぶ

社員研修を研修会社に任せる場合には、目的をはっきりさせることが重要です。漠然と売り上げを上げるためではなく社員のどの部分を研修すれば売り上げが伸びていくかを分析しなければいけません。例えば、営業の研修をする場合には、営業の専門の研修会社にお願いをする必要があります。専門性は絞り込めてもあとは企画力があるかも重要になってくるでしょう。
研修会社の中には、漠然とホワイトボードを使って説明をしたりグループワークを行ったりするところもありますが、それ以上に面白い企画を打ち立てて実施しているところもあります。また、社員が自分たちでひらめくような仕組みをつくっている研修の仕方もあります。

リーダーシップを高めることが、管理職研修を受ける場合の大きなテーマです。合宿研修であれば、限られた時間を有効に活かして、スキルを向上させることも可能です。

ライフスタイルに応じた働き方

派遣運転手の仕事は、様々な分野に及んでおり、役員車の運転をはじめ、配送やバスの運転、そしてフォークリフトなどが挙げられます。運転の仕事に必要な免許にも色々あり、資格を取得しておくことで、就職に有利になることもあります。派遣の仕事の場合、厚生面で整っていることが殆どで、社会保険や厚生年金にも加入できます。また、派遣社員であっても、正社員と同様に有給休暇などが取得できるので、ライフスタイルに応じた働き方が可能になります。

インバウンド対応の仕事も

派遣運転手には、女性でも登録することができ、昨今は女性指定で仕事を依頼されることもあります。特にタクシー業界では、女性ドライバーの活躍が目覚ましく、業界全体の意識向上になっています。女性ドライバーが働きやすい環境も整備されており、それがサービスの向上にもつながっています。また、昨今はインバウンドの進展で、外国人相手のサービスが増えています。派遣運転手として、インバウンド対応の仕事も増加傾向にあります。

安全運転がキャリアとなる

派遣会社の中には、運転手を専門とするところもあり、ドライバーとしてのキャリアアップに役立ちます。専門の派遣会社であれば、紹介予定派遣なども利用しやすいので、安定した仕事に就くことが出来ます。運転手派遣サービスを利用する側としては、安全運転遵守の業者を優先して選びます。それ故、事故歴がない人は、有利に仕事に就けるわけです。派遣運転手にとっては、何より、安全運転が大切なキャリアとなるわけです。

急にドライバーに欠員が出来たり、イベント等で大型車の運転が必要になったりした場合、運転手の派遣業者に依頼できます。1日だけ、1カ月限定など様々な要望に対応してくれます。

スマートフォンの画面ロック機能を使う

スマートフォンには電話番号やメールアドレス、画像などの個人情報が詰まっています。人によってはビジネスで扱うデータを保存している人もいるでしょう。そのような情報はなるべく他人には見られたくないものですよね。他人にスマートフォンの中身を見られないようにする対策として画面ロック機能というものが搭載されています。画面ロック機能をオンにして暗証番号を設定すれば自分以外の人に利用される心配がなくなります。暗証番号以外にもスワイプと呼ばれる機能もあります。スワイプであれば設定通りになぞるだけなので簡単です。

データをロックできるアプリを使おう

スマートフォンに搭載されている画面ロック機能だけでは不安を解消しきれないという人はデータをロックできるアプリをインストールしてみましょう。見られたくない画像や情報を漏洩してはいけないデータをロック機能が付いている保存系アプリに入れておきます。そうすることで他人にデータを覗かれる心配がなくなるでしょう。ロックを解除されているような形跡があればアプリをアンインストールしてしまえば証拠を消してしまえるという点もメリットの1つです。

ダミーアプリを使ってみよう

アプリにはダミーとして利用できるものがあります。例えばホーム画面に表示されているアイコンが電卓になっていて、アプリを開いた後に数字を入力すれば暗証番号を認識して保存したデータを見ることができるというものがダミーアプリです。このような一見普通のアプリに見えるようなものであれば怪しさを感じさせないので、他人にアプリを開かれるケースが少なくなります。仮に開かれても暗証番号を解読されなければデータを見られないというメリットもあるでしょう。

機密文書とは、企業に関する外部に漏らしてはいけない秘密保持を絶対とする文章の事です。文章が漏えいした場合、企業にとって甚大な利益損害が生じるだけでなく、その関係企業にまでその影響が及ぶことがあります。

オーディオには、手作りの楽しさがいっぱい

電気製品の自作というと何だか難しそうですが、オーディオマニアの方ならば自分でパーツを自作した経験がある人は多いのではないでしょうか。
オーディオには原理的にシンプルな部分が多いので、パーツを自作して楽しめるのがいいところですよね。
そこで今回は、自作して楽しんでみたいオーディオ製品をいくつかご紹介してみましょう。

真空管アンプの手作りにチャレンジ!

まず一つ目は、オーディオの最重要パーツでもあるアンプ部分。
アンプは信号を増幅する原理自体はシンプルなので、自分で自作をすることもそれほど難しくはありません。
トランジスタが誕生する前までは、アンプは真空管を増幅素子として用いた「真空管アンプ」が主流でした。今でもこの真空管アンプの音を好む人は多く、自分で真空管を買ってアンプを自作する人も少なくないんですよ。
真空管アンプはキットになったものも販売されていますので、挑戦してみてはいかが?

手作りオーディオで、自分だけの音を楽しもう

2つ目は音の出口、スピーカー。
スピーカーも音の品質を左右する最重要パーツですが、原理自体はいたってシンプルです。スピーカーユニットを組み込めば、何とダンボールや紙コップでもスピーカーを作ることができるんですよ。これは自作しない手はありませんね!
もうちょっと本格的なスピーカーを作りたい人には、こちらもいろいろな手作りキットが各メーカーから販売されていますので、キットの利用が便利です。
いかがでしたか?自分で部品を組み立てたオーディオで音を聴くと、いつもの音楽も違って聞こえるかもしれませんよ。ぜひ、試してみてくださいね!

プリント基板設計は、求められている条件を把握することから完成までの事を指します。条件を把握したら最終的なコンセプトを決定します。

従業員にいい立地かお客さんにいい立地か

新たに事業を始めるときにオフィスを構えるかもしれません。既に事業をしていて、手狭になったので新たな事務所を探すケースもあります。その時、立地をそれなりに考えなくてはいけません。ビジネスでは効率が非常に大事になります。ビジネスがしやすいかどうかは立地に影響します。行っている事業内容によって異なりますが、お客さんが良く来社をする予定があるならお客さんが来やすい立地がいいでしょう。どうしても賃料は高めの所になります。一方、ネットビジネスなどをしている会社ならお客さんはあまり来ないでしょう。ビジネスの中心は従業員の仕事になります。この時は従業員にいい立地が良くなります。都市部でなくても、社員の通勤しやすいところから選びます。

IT系の設備やセキュリティの設備があるところ

仕事でパソコンを使わない会社は少ないでしょう。営業社員は外回りが仕事の基本ですが、報告書や提案書の作成はパソコンを使います。多くの会社でパソコンが使われています。となると、賃貸オフィスを利用するときもパソコンを利用するのを前提にしないといけません。パソコンを使うなら当然電源が必要です。ネットワークの回線も必要になります。それらに対応したオフィスの方が使い勝手が良くなります。パソコンなどを事務所に置いていると盗難の心配などが出てきます。事務所に鍵をかけておくだけでは心配かもしれません。セキュリティシステムが整っているオフィスビルなら安心して利用ができます。入室退室の管理のシステムがあるなら、独自に導入するコストも抑えられます。

福岡の賃貸事務所は、事業用物件に特化した不動産会社で多数の物件を扱っており、従業員数や予算などを考慮しながら探せます。